更年期障害の基礎知識

更年期障害はいつから始まる?更年期障害の症状はどんなものがあるか調べてみました

更新日:

女性ホルモンと閉経

女性の体内では年をとるにつれて女性ホルモンのバランスが変化していきます。一般的には50歳前後となると卵巣の機能は少しずつ低下し、少しずつ生理がとまり、閉経を迎えることとなります。

閉経の年齢としては50歳前後が平均値といわれていますが、この年齢には個人差が非常に大きく、はやい人の場合には40歳代前半で、遅い人の場合には50歳代後半に閉経を迎えることとなります。そしてこの閉経前後の5年間を更年期と呼んでいます。

閉経を迎えることで卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンのひとつのエストロゲンの分泌量は急激に減少することとなり、それに伴い様々な症状が現れます。
これらの中でほかの病気をともなわないものを更年期症状と呼んでいますが、その中でも日常生活に支障をきたすほどの重いものを更年期障害と呼んでいます。

更年期障害と女性ホルモン

つまり更年期障害の原因は女性ホルモンの分泌バランスの乱れによるものです。エストロゲンが減少することで、脳の視床下部は卵巣に対してエストロゲンをもっと分泌するようにと指令を出します。

ところが指令を出してもエストロゲンが分泌されることはないため、脳の視床下部は混乱をきたすこととなります。

このように自律神経のコントロールをつかさどっている視床下部が混乱することにより、体には様々な不調が現れるということです。

すべての女性に起こるものではなく、症状が軽い人もいれば重い人も見られ、中にはほとんど症状が感じられないという人も見られます。

更年期障害の症状はどんなもの?

具体的にみられる症状としてより顕著なものが、自律神経にかかわるものです。

具体的な例としては、それほど気温が高いわけではないので体が熱くなりのぼせたような状態になったり、大量の汗をかいたり、かと思えば反対に異常なほどに寒さを感じることもあります。
のぼせるような状態をホットフラッシュと呼んでいますが、これは典型的な特徴といえるでしょう。

また女性ホルモンのエストロゲンは精神を落ち着かせる作用もありますが、このエストロゲンが減少するため、いらいらしたり悲しくなるなどの感情を抱くことも見られます。
そのほかにも頭痛やめまいが起きたり、なかなか眠ることができない不眠に悩まされるようになったり…。

どのような症状があらわれて、どれくらい重いのかは個人差が大きいと言えるでしょう。

padrinan / Pixabay

更年期障害かもしれない・・・そんなときは

もしも更年期障害の特徴が多くみられ、自分が該当するのではないかと思う場合には、我慢することなく婦人科を受診する必要があります。
婦人科で血液検査を受けてホルモンの数値を確認することで、更年期障害であるかどうかもわかります。

更年期障害は年齢を重ねることによって卵巣機能が低下するという自然な現象から発生しているものであるため、基本的には対処療法がとられます。

不快と感じるものをなるべく抑えることにより、普段通りの生活を送れるようになることが治療の最終目標であるため、一度相談しながら上手に治療方法を組み合わせることが大切です。

治療法にはどんなものがある?

主な治療法としては減少したエストロゲンを補充する治療方法が挙げられますが、内服薬や貼り薬を用いる方法で、健康保険も適用されるので自己負担も少なく、更年期障害を根本的に治療することができるでしょう。

そしてホルモン補充治療が体に合わない場合や、ホルモン補充治療が受けられない場合には、漢方治療が行われます。ほとんどの場合、健康保険の適用となる漢方が処方されますが、費用について心配な場合には保険の有無を確認する必要があります。

精神的な特徴がホルモン補充治療では不十分な場合には、抗うつ薬治療も用いられます。
マイナスな気持ちを取り除き心を穏やかにする作用が期待できますが、専門のカウンセリングを合わせて受けるとより効果的と言えます。

---
こちらのページでは、更年期障害に役立つ「高麗美人」の口コミ・評判をまとめています。

健康オタクな健康サプリ好きのアラフォー。実体験を通じて高麗美人は女性の味方だと思ったので、ウェブサイトを立ち上げてみました。

-更年期障害の基礎知識

Copyright© 高麗美人の口コミと効果◎更年期脱出のシンプルな方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.