更年期障害の基礎知識

更年期障害のホットフラッシュとはどんなもの?症状と対策を調べてみました

投稿日:

更年期障害とホットフラッシュ

更年期障害は女性ホルモンの分泌量の減少や、そのバランスが崩れることで起こる症状です。

これには様々な症状が挙げられますが、その中でも代表的な症状として挙げられるのがホットフラッシュです。

これは周囲の温度の変化など関係なく、突然、頭や顔が熱くなったり、のぼせなどを感じる、それにより大量の汗をかくと言った内容です。
更年期障害でホットフラッシュが出やすいのは、自律神経の調整がうまくいかなくなるためです。

自律神経の不調とホットフラッシュ

自律神経は発汗や体温の調節、血圧など、人間が自分の意思ではどうすることもできない部分の体の働きを担っている神経です。そのためこの自律神経の働きが乱れると、体には様々な不調が出やすくなるわけですが、更年期障害と自律神経の不調には深い関係があるとされています。

それは、自律神経を調節している部分と女性ホルモンを分泌している部分と言うのが非常に近い位置にあり、互いが互いの不調を受けやすい関係にあるためです。

そのため更年期になり女性ホルモンの分泌などに支障が出てくると、その影響を受けて自律神経を調整する部分も不調になりやすくなり、その結果、自律神経の働きが乱れ、特に血管の収縮、拡張がうまくいかなくなることでホットフラッシュが出てくると言った具合です。

頭痛がするとか、体を動かすのが億劫になる、また精神的な安定を保つのに苦労すると言うような、他の更年期障害の症状に比べると、ホットフラッシュの症状がもたらす日常への影響は少ないと考える方も多いかもしれません。

しかし時間、室温、体温など関係なく、急に大量の汗をかくのは非常に不快なことですし、着衣が汗で濡れてしまうことの不安もあります。

また他者に大量の発汗、のぼせて赤くなった顔などを見られると言うのは恥ずかしいと思ってしまっても仕方ないことですから、これが不安で外出等を控えてしまうと言うことも起こり得ることです。

そう考えるとホットフラッシュは日常生活やその人の楽しみなどにも影響力が大きい症状だと言うことができます。ただしホットフラッシュは他の更年期障害同様、対策をとることができる症状でもあります。

ホットフラッシュの対策

具体的な対策としては、まず症状が出てきた際には体温を下げるようにすることが挙げられます。
そしてそれと同時、深呼吸をすると言うのも効果的です。

この症状が出てきている時と言うのは、自律神経の内、交感神経が過剰に優位になってしまっていることが多いです。そのためこのような状態に対しては、交感神経とは反対の働きを持っている副交感神経を優位に立たせることが必要で、それに対して深呼吸と言うのは非常に効果的だと言われています。

突然の発汗やのぼせが来ると、またか、と緊張したり、イライラしたりしがちですが、そうするとますます交感神経が優位になってしまう恐れがありますから、その気持ちをぐっと抑えて、自分を落ち着かせるつもりで深呼吸をするのが望ましいです。

また衣服は汗をかいてもそれが目立ちにくいようなものを着用したり、吸汗パッドなどがついているもの、あるいは汗の臭いを抑える作用があるものなどを着用しておくと、汗をかいても不安を軽減することが期待できます。

症状に応じて婦人科へ

更に更年期障害は婦人科などで治療を受けることで、諸症状が改善できる場合もあります。

たとえばホルモン療法がそのひとつに挙げられるため、他の症状もあわせて酷いと言う際にはこれを受けるのもひとつの対策です。加えて女性ホルモンの分泌と自律神経の働きは、共にストレスと睡眠不足、生活サイクルの乱れに非常に弱いと言う性質を持っています。
よって日々、できるだけストレスとは距離を置きその解消法を見つけておくこと、質の良い睡眠をとるようにし、毎日、決まった時間に寝起きすることも効果的な対策です。

-更年期障害の基礎知識

Copyright© 高麗美人の口コミと効果◎高麗人参サプリで脱・更年期! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.