更年期障害の基礎知識

更年期障害の原因と対策を調べてみました

更新日:

誰にでもある更年期障害

更年期障害は、女性であれば個人差はありますが誰もが経験することです。
若い頃と比べ年齢を重ねていくと女性ホルモンの分泌が少しずつ減っていき、卵巣の機能が低下し月経が終わる閉経の時期のことを更年期障害と呼んでいます。

更年期の症状が出始めるのは、40歳前後からで月経不順や月経異常などの症状が続くことが多くなります。

この頃に多くの女性が閉経年齢を迎え、50歳前後の女性に多く見られるのが特徴です。

原因は何?

原因とされていることは、年齢を重ねるごとに減少していく女性ホルモンや、夫婦生活や子育てや仕事などによるストレスなどです。

また、女性ホルモンや環境変化によるストレスなど以外でも、生まれつきの性格や神経質などが原因になることもあります。

女性ホルモンの分泌が急激に減少したり親の介護や社会的なストレスなどが重なってくと、精神的や身体的な不調となってしまします。

更年期に入る前の女性でも、このような症状が現れてくることが年々増加しているのが最近の特徴です。
若い頃に体重を減らすために無理なダイエットをしていたり、不規則な生活や食生活を続けたことが早い時期に症状が現れる原因です。

どんな症状があるの?

多くみられる症状は、めまいや耳鳴りや疲労感などです。

人によって少しずつ症状に違いはありますが、ふわふわするような感じや耳の中でキーンという音がするなどの症状が現れます。
夜寝ても翌日まで疲れが残ることが多かったり、疲れやすくなり、何事にもやる気が起こらないなどの症状も多いのが特徴です。

急に熱くなり大量の汗をいたり、強い寒さを感じたり手足は冷たく感じるのに顔は熱くなるといった症状も見られることがあります。

また、肩こりがひどくなったり頭痛や尿漏れや便秘などの症状がでる女性もいます。

不眠症やイライラが続き怒りっぽくなったり肌荒れなどの症状が見られたりするので、このような場合は心のケアやなどが必要です。

更年期障害の症状が起こると、多くの場合このように日常生活に支障をきたしてしまうことが多くなるのが特徴の一つです。

症状の程度には個人差があり、重さも人によって様々なものになります。

重い症状として現れ日常生活が苦しくなる人や、ほとんど症状を感じず普通の生活が送りながら更年期の年齢が過ぎていく人もいるので治療方法や対策などは人一つではありません。

更年期障害の対策

更年期症状の対策として、生活習慣の見直しです。

栄養バランスを考えた食生活にしていき、体の中からケアしていきます。
睡眠不足や会社や子育てなどからのストレスも原因の一つになっているので、夜更かしをしないことや会社でのストレスをためすぎないことも対策となります。

運動不足も原因になるので、自宅の周りをジョギングしたりウオーキングなどの軽い運動をするのも症状を改善していく方法の一つです。
ハーブティーなどを飲むようにしたり、アロマなどを用いることも効果的な対策になります。

ドラッグストアなどで購入できる市販の薬や、サプリメントを摂取することなども、つらい症状を和らげてくれる対処方法と言えます。

市販薬以外にも医師に相談すると薬を処方してくれるので、しっかり相談することが必要です。

ドラッグストアなどで販売されているサプリメントなどの中には、女性ホルモンと同じような働きが期待できるものも多くなってるので摂取することも対策になります。

症状を和らげる方法として西洋医学が用いられますが、漢方を摂取し根本から改善していく方法もあるので相談するとよいでしょう。

また、不足している女性ホルモンを補充する即効性のある対策もあります。更年期障害には様々な症状があるので、医療機関で相談をして対策をするとよいでしょう。

-更年期障害の基礎知識

Copyright© 高麗美人の口コミと効果◎高麗人参サプリで脱・更年期! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.