更年期障害の基礎知識

女性ホルモンの減少を穏やかにするサポニンとはどんな成分?含まれる食べ物も調べてみました

更新日:

更年期障害と女性ホルモン

中高年女性がホットフラッシュやイライラ、やる気が出ないといった症状に悩まされる場合には、更年期障害が疑われます。これ以外にも、さまざまな症状をもたらすのが更年期障害です。この病気の直接的な原因は、女性ホルモンの減少です。
女性ホルモンには、美容効果だけでなく、自律神経を整えたり、脳の働きを活発にする働きを持ちます。中でも自律神経を整える役割は、健康を維持するうえでは欠かせないものです。

更年期に女性ホルモンが急激に減ってしまうことは、自律神経に大きな影響を与えてしまいます。これが、更年期障害のさまざまな体調不良の原因となります。つまり、女性ホルモンの減少を穏やかにすることがとても大切と言えます。

サポニンが有効!

女性ホルモンの減少を緩和する成分として、サポニンが挙げられます。
これは、漢方薬などの生薬に豊富に含まれる成分です。
植物の根、茎、葉などに含まれる苦味やえぐみ成分として知られており、水などの液体と一緒にかき混ぜると、泡が立つ性質を持っています。このような特徴から、古くから洗浄成分として活用されてきました。

しかし近年では、健康面で素晴らしい効果があることが判明し、さまざまな健康食品に活用されています。

サポニンの効果

では、サポニンにどのような効果があるのでしょうか。

有名どころとしては、血中の悪玉コレステロールを減らす作用や、血液をサラサラにして血流を改善する作用が挙げられます。
血糖値を下げるインスリンと同じような働きもするため、中高齢者がかかりやすい糖尿病や高血圧対策として、とても効果的です。
メタボリックシンドロームに悩まされる方にはとっておきの成分の1つと言えるでしょう。

また、女性がかかりやすい冷え性対策にも効果を発揮します。さらには、強い抗酸化作用と免疫力の向上作用があることも判明しています。
体の老化を促す活性酸素を取り除き、体内の免疫細胞を活性化させるため、あらゆる病気の改善や予防につながります。
活性酸素の除去は、美容面でも良好な効果が期待できます。

サポニンと女性ホルモン

それに加え、サポニンは女性ホルモンの分泌を促す作用を持つことも判明しています。つまり、この成分を摂取すると、女性ホルモンの急激な減少を食い止めることができるということになります。この他に、女性ホルモンを増やす成分として、イソフラボンが挙げられます。イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしますから、両者は異なるアプローチで体内の女性ホルモンを増やします。

そこで、サポニンとイソフラボンはどちらが優れているのかが、インターネット上などでよく議論されます。この点、女性ホルモンの減少を穏やかにするという意味では、甲乙つけがたい部分があります。しかし、既にホットフラッシュやイライラといった症状に悩まされているのであれば前者が効果的とするのが一般的です。その理由は、サポニンが持つ体調を整える作用にあると言われています。

サポニンを含む食品とは?

最後に、サポニンを豊富に含む食材についてまとめます。含有量が多いことで知られる食材は、高麗人参です。
このような特徴から、更年期対策のサプリメントで積極的に用いられています。高麗人参は日本ではなかなか手に入りにくい食材ですから、サプリメントを活用すると効率よく摂取することができます。ただし、西洋人参やごぼう、大豆やそら豆といった食材にも豊富に含まれています。食事から摂取したいという場合には、これらの食材を積極的に食卓に取り入れましょう。ただし、加工食品では苦味やえぐみを取り除くために、除去されていることがしばしばあるので、注意が必要です。

-更年期障害の基礎知識

Copyright© 高麗美人の口コミと効果◎高麗人参サプリで脱・更年期! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.